学会案内

専門日本語教育学会の概要

   当学会の目的は、専門日本語教育に関する学際的な研究の推進、専門日本語教育の研究・教育の発展、ならびに会員相互の連携に貢献することです。

   本学会は、1993年から大阪大学留学生センター(当時)を中心に行われていた「専門日本語教育研究会」から発展し2005年に「学会」となったもので、会員数は192名(2020年度現在)です。日本語教育関係者だけでなく、理工学系や社会学系の研究者・教育者、特定の専門職の実務家や教育担当者など、さまざまな分野の人々が集っています。議論の対象も、大学など教育現場で必要とされる学術的日本語の研究や教育方法だけでなく、法律、ビジネス、医療保健など、種々の現場で用いられる日本語やその教育方法にまで広がっています。

   学会の中心的活動は、会誌『専門日本語教育研究』の発行(年一度)と「研究討論会」(年一度)です。学会誌の編集委員会は、厳しいけれども懇切丁寧な対応を行うことがすでに伝統となっています。匿名性を確保して厳正な審査を行うことはもちろんですが、掲載に至るまでには、背景を異にする複数の査読者が真摯に意見を述べ執筆者がそれに応える過程を一再ならず繰り返します。これほど丁寧なやりとりが行われる学会は、そう多くはないと思います。惜しくも掲載に至らないという評価を受けた投稿へも、次につながる示唆が必ず提供されます。論文投稿経験の浅い人はもちろん、他所で書く経験を積んでいる人も、本誌への投稿は必ず新たな飛躍へとつながるはずです。研究討論会では、儀礼的議論の極めて少ない、厳しくかつ温かいやりとりが毎回繰り広げられます。終了後に行われる懇親会も、関心を同じくする人と濃密な議論を楽しむことができる充実した時間となることは間違いありません。学会誌は2011年からwebで読むことができるようになりました(「学会誌: 電子ジャーナル公開」)。過去の研究討論会の様子もHPに掲載してあります(「研究討論会の歩み」)。どうぞ、ご覧ください。

   本学会は、新たな出会いを心から歓迎します。専門日本語に関心のある方、研究討論会への参加、会誌への投稿をしてみようとお思いの方は、まずHPの「入会案内・会則」にアクセスして入会手続きをおとりください。

会長挨拶

村岡貴子(大阪大学国際教育交流センター)

この度、2021年度より、会長という重責を拝受いたしました村岡貴子と申します。どうぞよろしくお願いいたます。

専門日本語教育学会(以下、STJE)は、1993年に大阪大学に事務局を置き、現在の学会の前身である「専門日本語教育研究会」として発足後、現在に至るまで、常に分野横断的な視点で活動してまいりました。毎年1回研究討論会を開催し、かつ、学会誌『専門日本語教育研究』を刊行しています。この学会誌は、査読が厳しく、「それが後日論文を書く上で役に立った」という周辺の声も聞きます。STJEは、小規模で比較的若い学会ではありますが、専門日本語教育研究という新たな分野を切り開き、その着眼点の重要性を世に発信し続けてきた、オリジナリティ溢れる、また、異なる背景の人々との連携や協働を重視した元気な学会であると思っております。

研究テーマも、専門日本語(Japanese for Specific Purposes)としては、学術、ビジネス、医療、観光等の日本語のプラグマティックな構造と運用、およびそれらの教育・学習、学習支援等、実に多様なものが発信されています。STJEのホームページに掲載されている学会誌と研究討論会の各情報をご覧いただくと、その多様性に加え、テーマの射程が一層拡大しつつある過程がおわかりいただけると思います。ここには、私たちが生きている現代社会の多くの問題や課題が映し出されており、成果発信の継続の意義が改めて感じられます。

私は、現在の学会の前身である専門日本語教育研究会の時代から10年間事務局を担当し、また、研究討論会での口頭発表や学会誌への論文投稿などの場面で、多くの会員の方々から啓発を受け、関連の教育・研究について学んできました。この学会の魅力は、多様な分野の研究者、教育者等の専門家とともに、専門日本語とその学習・教育・学習支援、および、それらを取り巻く環境等の諸側面のテーマについて、自由闊達な雰囲気で議論できることであると思います。分野横断的であるからこそ、お互いを知るための有意義な情報交換や意見交換が行われています。なお、毎年開催されている「研究討論会」の名称は、いわゆる「大会」ではなく、あえて「研究討論」という表現を用いています。発表者と聴衆が、質疑の時間に中身の濃い真剣な議論を行う現状と期待を反映し、現在もこの名称は堅持されています。

現時点(2021年4月1日)において、私たちは、世界的な感染症拡大といった厳しい環境の中にあり、教育、研究、学習支援、および日常生活のどの局面においても、かつて経験したことのない多くの対応を迫られ、我慢を強いられてもいます。こうした中において、私たちのQuality of Lifeに思いを致すと、専門日本語で扱う領域は、職業場面であれ、学術場面であれ、生活の質向上に直結するものであり、互いに手を携えて、豊かな言語生活・社会生活が送っていけることを目指していくものと言えるでしょう。STJEは、国・地域を超えて、知恵を絞り、異分野・異業種との交流、連携、協働をさらに促していく使命の中にあると思います。今後もSTJEは、その使命を果たしつつ、専門日本語教育に関する有意義な知見を世界に発信し続け、種々の課題に対して一石を投じていくことを心から願ってやみません。

引き続き、関係の皆様のご支援をいただきつつ、できることには全て力を尽くしてまいりたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。

事務局と役員

専門日本語教育学会事務局

京都産業大学  渡辺史央研究室
〒603-8555  京都市北区上賀茂本山 京都産業大学 第二研究棟510
TEL&FAX: 075-705-1567

E-mail:office-stje@kir.jp (送信時は全角@を半角に変えてお送りください)
(担当:渡辺)

専門日本語教育学会の役員

会長
村岡貴子 (大阪大学)
代表幹事
野田岳人 (群馬大学)
編集幹事
石黒圭 (国立国語研究所)*、山路奈保子 (室蘭工業大学)**
大島弥生 (立命館大学)、太田亨(金沢大学)、鎌田美千子(東京大学)
佐藤尚子(千葉大学)、俵山雄司(名古屋大学)、中川健司 (横浜国立大学)
生天目知美(東京海洋大学)、西谷まり(一橋大学)、野田岳人 (群馬大学)
※査読協力者(2021年度)必要に応じて要請
庶務幹事
渡辺史央 (京都産業大学)、今西利之(京都産業大学)、重田美咲 (広島市立大学)
宮島良子(名古屋経済大学)、田中啓行(中央学院大学)
研究討論会実行委員
佐藤尚子(千葉大学)***

*編集委員長、**編集副委員長、***実行委員長

歴代会長

2005年 専門日本語教育学会設立(前身は専門日本語教育研究会)

〜2005 大坪一夫
2006〜2008 古城紀雄
2009〜2011 仁科喜久子
2012〜2014 山崎信寿
2015〜2017 因京子
2018〜2020 深澤のぞみ

名誉会員

名誉会員は本学会の目的遂行に多大な貢献をした者に、幹事会の推薦を受け総会で承認を得て授与する称号です。

古城紀雄 (2015年3月授与、2006〜2008年度会長)
仁科喜久子(2015年3月授与、2009〜2011年度会長)
山崎信寿(2015年3月授与、2012〜2014年度会長)
因京子(2021年3月授与、2015〜2017年度会長)

△Page top